Instagram

日本人の10代8割の女性が使っている写真主体の情報発信型SNS。主にハッシュタグ “#”でキーワードを発信・共有できる。

×
MEO

MEOのとはMap Engine Optimization、GoogleMapで地図検索エンジンにおいて最適化を図ること。

×

歯科医院の内覧会とは?

歯科医院の内覧会とは、新規開院・開業時において地域の住民向けの説明会や見学会(いわゆる内覧会)を言います。
内覧会の手法としては、

・自由参加 見学スタイル
個別歯科相談会スタイル
・イベント参加スタイル

などが主にあります。
当社の内覧会は予約獲得や矯正歯科治療の検査予約などを目的とする、個別歯科相談会スタイルを強みとしています。

内覧会は地域からの認知を得るために行う

歯科医院の経営スタイルは基本的に受動態です。
限られた広告資源の制約の中で、患者になる主に地域の方からの予約を頂くことで成立します。

ただ、様々な立地条件や競合他院との兼ね合いで、何も告知なしで開業するのは昨今では大きなリスクを伴います。
また、患者見込みとなる地域の方においても、新しく開院される歯科医院が自分に合ったクリニックかどうかは不安を抱くこともあるかと思います。

地域からの認知、開業の認知

内覧会を行い予約獲得(経営の良好なスタート

・矯正歯科治療など自由診療の獲得

これが地域の皆様にしっかりと認知をされ、歯科医院の情報をしっかり知って頂き予約につながる…というのが内覧会の目的と言えます。
歯並び相談や矯正歯科相談など、直接的な必要性まで至っていない患者層の近い将来における治療の獲得においても内覧会はその経営側の可能性と患者側の必要性を以前より大きく求められています。

内覧会を行った後の業績

歯科内覧会を行った後の医院の売上・患者推移

こちらは当社の内覧会を行った歯科医院さまの開業後の業績です。
ユニット数3台、保険診療を中心とした、いわゆる一般的な歯科医院の開業スキームです。

数値からも、開業後に様々な改善点や企業努力を行いながら数値が成長していることがお分かりになると思います。ここまでの詳しい数値を公表することをお許しいただけたことに非常に感謝致しますが、内覧会で業者が自社サイトで自慢する数値を出した歯科医院のその後の結果が実は言うほどではなく、大切なことは人数を追うのではなく内覧会のクオリティを求めることで結果として経営の成功へとつながることのほうが重要であると分かると思います。

歯科における内覧会をやらないリスク

歯科医院の新規開業において、地域向け説明会(いわゆる内覧会)を行わないということは、患者となる地域の住民が自分のタイミングで近隣歯科医院を何らかの方法(ホームページや予約サイト)で自分の判断で選択をして歯科医院を選ぶということに委ねられます。

つまり、ホームページにおいてはSEO対策や充実したコンテンツを作り他の競合より優位な位置にならないと選ばれる可能性が低くなります。
また昨今ではMEO対策にも注力しないと選ばれる可能性が低くなります。さらにInstagramなどのSNSもホームページとは違った活用を必要とされ、歯科医院経営は昔に比べて経営戦略やマーケティング能力の低い歯科医院は淘汰される傾向にあります。

そういった意味でも、自分の医院の魅力や診療方針をしっかり伝えられる内覧会は経営の良好なスタートにも必要なイベントであると言えます。
ただし、お祭りイベントのような患者獲得ではなく『子供を楽しませるイベント』にしてしまうと、「開業イベントにはお金を掛けるけど治療や診療方針がまるで見えてこない」と逆に地域の方からマイナスイメージを持たれることもあります。
歯科医院はあくまで歯科医院としての医療特化した内覧会(だからこそ説明会)を行うべきです。

特に、矯正歯科や自由診療の獲得を考えるならば、内覧会の開催は必須であると言えます。

内覧会をやらないほうが良い場合

かと言って、内覧会をしないほうが良い立地やケースもあります。

内覧会のデメリットは、2~3日という医院が定めた日程に人を集中して集めるという点にあります。
・車メインの立地だが駐めるスペースが少ない
・ビジネス街(混合エリア)
・人通りが普段から少ない
・タワマンが多いエリア
・駅構内
などが内覧会という集客型イベントには向かない場合があります。

しかしながら、宣伝をしない訳にもいかないので、町に合った開業告知と集患対策をしなくてはなりません。

内覧会は行えば成功するという魔法のイベントではありません。
ましてや、お祭りイベントをしても患者になる確率は恐ろしく低い(患者になる側は、こどもを無料で遊ばせられるイベントに参加したとしても、医療とかけ離れたことを行う歯科に対しては冷ややかに見る)ので、しっかりと歯科であれば歯科医療の開業をすべきです。

内覧会はギャンブル性が高いイベントです。
投資は常にリスクが伴います。だからこそ、無駄に考察なきイベントを行うのではなく、戦略的にプロの意見と経験を参考にしながら失敗しない開業を行うことをお勧めします。

TOPへ