歯科 税務調査[収入]休日診療による手当の取り扱い | 歯科内覧会・歯科開業|株式会社アルファージール

歯科の内覧会は株式会社アルファージールでご相談下さい

歯科 税務調査[収入]休日診療による手当の取り扱い

[個人診療所のための税務調査[収入]休日診療による手当の取り扱い]

Q.開業医師の休日休診に対応するために、自治体から支払われる休日診療手当は、事業所得の収入金額となるのですか?

A.雇用契約に近い拘束があり、且つ、手当等の支払時期や金額があらかじめ一定しているなど、
固定給の性格が強いものは給与所得とし、それ以外のものは事業所得として取り扱われます。

POINT
①給与所得となる場合
市などの地方自治体が備え付けた施設、器具や医療品を使用して診療に当たり、
医師に対する報酬の支払基準が患者数や診療の程度に関わらず定額の場合。
(自己の責任において独立的に営まれる医業とは認められない)

②事業所得となる場合
輪番制でここの診療所で自己の設備や医薬品を使用して診療等を行い、
診療報酬とは別に市から休日診療手当として、定額の支払を受ける場合。
この場合、地方自治体から支払を受ける休日診療手当は事業の遂行に伴って付随して生じた収入として、
診療報酬以外の雑収入として計上し、事業所得の収入金額に参入しなければなりません。
(自己の責任において独立的に営まれる偉業と認められる)

歯科内覧会のご相談はお気軽にお電話ください
© 歯科内覧会 アルファージール
Top