歯科 税務調査[収入]医業収入以外の収入の取り扱い | 歯科内覧会・歯科開業|株式会社アルファージール

歯科の内覧会は株式会社アルファージールでご相談下さい

歯科 税務調査[収入]医業収入以外の収入の取り扱い

[個人診療所のための税務調査[収入]医業収入以外の収入の取り扱い]

Q.医業収入以外に、講師料・原稿料があります。
どのように収入の計上するか教えて下さい。

A.講師料・原稿料は医業の収入(事業収入)とは区別して雑所得として申告します。

POINT
医業収入については事業所得の収入金額となりますが、講師料・原稿料については、
医業収入とはなりませんので、事業所得の収入金額にはなりません。

講師料・原稿料については雑所得意に分類されるため、雑所得の収入金額として計上し、
必要経費を差し引いた金額を雑所得として申告します。

収入金額-必要経費=雑所得

例) 講師料の場合

・収入金額 →講師料としての謝礼金
・必要経費 →交通費、宿泊代、飼料代等

例)現考慮の場合

・収入金額 →原稿料
・必要経費 →飼料代等

なお、一定額以上の報酬代金については、支払者より税務署に支払調書が提出されています。

歯科内覧会のご相談はお気軽にお電話ください
© 歯科内覧会 アルファージール
Top