歯科 税務調査[収入]自賠責保険収入の計上時期 | 歯科内覧会・歯科開業|株式会社アルファージール

歯科の内覧会は株式会社アルファージールでご相談下さい

歯科 税務調査[収入]自賠責保険収入の計上時期

[個人診療所のための税務調査[収入]自賠責保険収入の計上時期]

Q.自賠責保険(自動車損害賠償責任保険)の収入は未集金の管理が煩雑なため、
入金時に収益計上をしていますが、問題はありますか?

A.自賠責保険収入については、発生時点、すなわち治療行為終了時もしくは請求時に収益計上を行います。

POINT
自賠責保険については、医療機関から各損害保険会社に対して患者ごとに請求をしますが、
請求から入金までのサイクルが一定でないことから、医業収益未集金の管理が煩雑となるため
入金時点で医業収益を計上しているケースも多いようです。
現実に治療行為は終了しているため請求を行ったにもかかわらず、保険契約者と被害者との係争が続くと、
入金の期間も逸れに応じて長期化することもあります。
しかしながら、税無常は自賠責収入についても収益は発生時点、すなわち治療行為終了時もしくは
請求時に計上するという原則に変わりないことから、
ご質問のとおりの経理処理をしていますと、税務調査において医業収益の計上漏れを指摘されるケースがあります。

歯科内覧会のご相談はお気軽にお電話ください
© 歯科内覧会 アルファージール
Top