歯科・税務調査[収入]窓口収入を免除したときの取り扱い | 歯科内覧会・歯科開業|株式会社アルファージール

歯科の内覧会は株式会社アルファージールでご相談下さい

歯科・税務調査[収入]窓口収入を免除したときの取り扱い

個人診療所のための税務調査[収入]窓口収入を免除したときの取り扱い

Q.従業員や親族に対して診療を行い、窓口でお金をもらわなかった場合の取り扱いを教えて下さい。

A.診療をした従業員等からお金をもらわなくても、一般の患者さんと同じように窓口負担分は収入に計上しなければなりません。

POINT
窓口収入を現金の収受に基づいて計上すると、本来認識すべき窓口収入と剥離が生じてしまい、税務調査の指摘事項になりやすくなります、
免除の相手方の記録を残しておくことが重要と鳴ります。免除の相手により次のように処理を行います。

従業員・・・福利厚生費/窓口収入
取引先等・・・接待交際費/窓口収入
親族・・・事業主貸/窓口収入

従業員に対する免除については、原則として現物給与と見なされます。
しかし、従業員に一律適用される「治療費の優待規定」を作成することにより、現物給与と見なされずに済みます。
以上は税務上の取り扱いとなります。ただし、窓口収入の免除は、法律上禁止されていますのでご注意下さい。

関連記事

歯科・税務調査[収入]窓口収入の未集金の取り扱い

歯科・税務調査[収入]医業収入以外の収入の取り扱い

歯科経営あれこれ~もくじ

 

歯科内覧会のご相談はお気軽にお電話ください
© 歯科内覧会 アルファージール
Top