歯科 税務調査[収入]車両の売却収入 | 歯科内覧会・歯科開業|株式会社アルファージール

歯科の内覧会は株式会社アルファージールでご相談下さい

歯科 税務調査[収入]車両の売却収入

-個人診療所のための税務調査[収入]車両の売却収入-

Q.訪問診療に使用していた車両をこの度売却しましたが、税無常はどのような取扱となりますか?

A.事業として使用していたものでも、所得税法上は事業所得にはならず、所有物を売却したことによる譲渡所得となります。

POINT
譲渡所得=(車両売却代金-車両の帳簿価額)-特別控除額(50万円)
事業所得は、診療所の経営により発生した所得ですが、たとえ診療所で使用していた車両の売却であっても、固定資産の売却はすべて譲渡所得になります。
車両の売却で売却損が出た場合には、特別控除額50万円を引くまでもなく、事業所得から売却損相当額を損益通算することが出来ます。
つまり、
所得を差し引くことが出来ますので、所得の種類が違うとは言っても納税額が増えることはありません。

歯科内覧会のご相談はお気軽にお電話ください
© 歯科内覧会 アルファージール
Top