歯科 税務調査「収入」自費等の収入計上時期 | 歯科内覧会・歯科開業|株式会社アルファージール

歯科の内覧会は株式会社アルファージールでご相談下さい

歯科 税務調査「収入」自費等の収入計上時期

-個人診療所のための税務調査[収入]自費等の収入計上時期-

Q.自由診療収入等の計上の時期はいつですか?
また、注意点はありますか?

A.収入計上は入金があったときではなく、診療行為が完了した時点が原則となります。窓口受領分のほか、クレジットや後日振り込まれる口座振込分なども、未集金として漏れなく計上しなければなりません。

[POINT]
①自由診療収入
自由診療収入は、医院と患者間で直接金銭の授受が行われます。
したがって、過少計上や計上漏れが発生しやすい項目と言えます。
税務調査の際は、念入りに確認される項目の一つになりますので、日頃からのチェックが必要です。

(1)窓口で現金を受領するものについては、現金出納帳や日計表に漏れなく収入として計上します。
(2)後日振り込まれるものについては、管理しやすいよう、振込口座を統一するなどの対応が必要です。

②自賠責収入
自賠責収入は、入金崎が請求ごとに個別指定が可能です。
つまり入金先次第では収入計上漏れとなってしまいます。これについては「自賠責収入管理表」等を作成し管理すると漏れを防ぎやすくなります。

歯科内覧会のご相談はお気軽にお電話ください
© 歯科内覧会 アルファージール
Top