内覧会シーズン到来! | 歯科内覧会・歯科開業|株式会社アルファージール

歯科の内覧会は株式会社アルファージールでご相談下さい

内覧会シーズン到来!

業者選びはどこをポイントにするかが大切

12月から5月は歯科医院の開業シーズンです。
どの業者さんもきっと大忙しかと思います。

さて、最近の歯科医院の開業と内覧会の成功させる手法なんですが、やはり当たり前ですが1人1人しっかりと会話するということです。
多くの業者さんは、内覧会のいわゆる【 院内に人を入れること 】ばかりを重視して、せっかく見に来てくれた方はロボットのうように説明するスタッフのセリフも聞いた言葉も右から左・・・、粗品をもらって帰りました、というケースが多く見られます。

何度も言いますが、歯科内覧会の参加人数は都内近郊になればなるほど、ポピュラーなイベントになってきて参加人数も減少傾向にあります。
ではどうするのか?

1.チラシの内容はしっかりとしたものにする

ただ開業と内覧会の告知だけではなく、機材や先生の学歴や、出来るだけ多くのことを書いたほうが良いです。
紙の大きさについては、地域のポストや住宅タイプを考慮した方が良いでしょう。

都内はA5サイズ、千葉や埼玉はA4サイズ、群馬や茨城は大きめのほうがインパクトがあります。

2.客呼びのイベントは保険診療の医院経営に信頼を失う可能性も

一概には言えませんが、患者さんではなく、『 客 』が喰い付きそうなイベントで参加者を集めるのは後々の経営に大きくリスクを抱えます。
歯医者、美容院、コンビニエンスストア、そして最近では鍼灸院や整骨院、整体院・・・
「また出来たの?」
「歯医者の癖に・・・!」
こんなクチコミが広まったら大変です。

郊外のショッピングモールなどがある出店では、このようなイベントも良いのですが、住宅街や駅前でこのようなイベントをやるのはリスクがあります。

3.出来れば参加者のニーズにある印刷物などを渡す

これは大きな反響に繋がります。院内ツアーなどで患者の年齢層や抱える悩みをちょっとだけでもヒアリングできれば、その方に合った印刷物をお渡しできます。
つまり、「あなたの悩み・お困りごとを解決できる歯科医院ですよ」と伝えることが出来るからです。

リーフレットは絶対にお勧めです。特に、一般的な医院の案内を書いた3つ折リーフレットに短冊形の「自由診療のメニュー表」などを挟んで渡すのです。
なぜなら、料金の変更や内容の変更に対応できるからです。

当社では、基本的なレイアウトを組み合わせて作れるテンプレート・リーフレットがマップデザインなども込みで
・テンプレート・デザイン
・マップ作成
・100部印刷
¥30,000(税込み)~(※短冊は別途・内容による)
で、承っております。これは安い。完全にオリジナル制作はデザインのみで¥71,500(税込み)~、印刷費は1000枚印刷しても・・・
おっと、これ以上言うとネタバレになるので秘密です。内覧会でセットでやっべぇ値段です。

4.ホームページは開業前から公開しましょう

気付いた方がいるかもしれませんが、当社の内覧会80万円パックには、ページ数に制限の無いしっかりとしたホームページ制作(30万円相当)のレベルのものが付いているんです。
つまり、内覧会は実質50万円で2日間で、チラシは3万枚ですよ!

さすがに3月から増税と印刷物の値上がり、諸費高騰で値上がりさせていただきます。もう無理です。

5.居抜きの開業はとりあえず話だけでも聞いておくべき

特に居抜での開業は、以外にお金が掛かるもの。
なるべく掛けない、だけどもやるべきところはキチンとやりたい!であればアルファージールの話は聴いておいた方が良いです。
なぜなら?

・上場企業との太いラインで大幅なコストダウンの提案が可能かも!?
※あぁ、やっぱり企業出身は人脈の数が違うなぁ!

・注文するところが少なければコストは安く済む!
※ホームページは●●、チラシは▲▲、看板や内装は■■・・・!オールインワンだからこそ、コストは抑えられるんです!


さて、あんまり張り切って書くのも敵を増やすのでこれくらいにしておきます。
アルファージールは、α・・・(最初から最後まで)、Zeal・・・(勤勉な)という意味の造語です。
もちろん、それ以外の意味もありますが・・・

ちなみにこのホームページのURL、ama-002にも意味があるんですよ。

歯科内覧会のご相談はお気軽にお電話ください
© 歯科内覧会 アルファージール
Top