歯科 内覧会・歯医者の開業 内覧会は歯科衛生士・歯科助手総勢ら90名在籍のアルファージールで!

医療広告ガイドラインの変更における歯科ホームページの内容

2019年1月18日

医療広告ガイドラインの変更によって、弊社のお客さまにもホームページの記載内容に注意を受ける案件が出て来ました。
指導をするのは保健所ではなく、厚生労働省から依頼を受けた財団法人の業者さんのようです。
特に注意すべき点を挙げておきます。

診療科目と誤解されないようにする

あくまで診療科目は歯科、小児歯科、矯正歯科、歯科口腔外科の4つで、「予防歯科」などは誤解を招くために注意を受けるそうです。
予防歯科」などは「虫歯予防・歯周病の予防」に変更したほうが宜しいでしょう。
審美歯科」もNGです。看板の表記ももちろんNGです。

自費のメニューの注意点

整形外科治療の広告や施術を受けた方のトラブルから今回の医療広告ガイドラインの変更があったと言われております。
保険診療と自由診療の違いをしっかり事前に告知、説明すべきであると言えます。

特にビフォー・アフターの写真は「全ての方が必ずしもこのようになるとは言えないためNG」となることが多いようです。
イラストを使い、注意点を記載すべきです。特に、

・金額
・治療回数、期間
・メリット、デメリット
・カウンセリングの有無(出来ない人の注意点、など)

を、記載すべきであると言えます。

何かあれば、お気軽にご相談下さい。
ホームページは、当社のような歯科に特化した業者に依頼することが賢明です。

≪制作費¥0ホームページのアルファージール≫

歯科内覧会のご相談はお気軽にお電話ください
© 歯科内覧会 アルファージール
Top