矯正歯科の内覧会 98人の方が来院 | 歯科 内覧会|株式会社アルファージール

歯科 内覧会・歯医者の開業 内覧会は歯科衛生士・歯科助手総勢ら50名在籍のアルファージールで!

矯正歯科の内覧会 98人の方が来院

1月12日(土)、神奈川県の矯正歯科さんの移転の内覧会を行ってきました。

当社は歯科医療に特化した内覧会業者ですから、しっかりと認知し、矯正治療という自費治療の長期的な治療の獲得が目的となるため、来院された方には「ただの見学会」ではなく、当社のようなしっかりと内覧会の経験と実績のある歯科衛生士、歯科技工士、経験のある歯科助手と共にサポートをさせていただきました。

結果としては、大人の方、子ども含め98名の来院があり100%の方が医院見学と説明、9割が個別相談を行い、当日に10名ほどの検査予約につながりました。

98名という脅威の来院数が出来る理由

新規開業であっても、矯正歯科の内覧会でこれほどの来院および相談の結果を出せる内覧会業者は日本では当社しかありません。
医院の前でお菓子や歯ブラシを渡した数が内覧会の実績とするような粗末なものではなく、来院された方にはほぼ100%お名前を記入いただくアンケートを書いていただきます。
ただ医院の中に入った、案内した・・・というような内覧会はまったく意味がありません。しっかりと「何のために来たのか?」「どんな治療や相談事があるのか?」などをしっかりと拾い上げるスキームがあるからこそ、治療予約につながる内覧会になります。
ちなみに当社の内覧会で治療予約のキャンセル率は5%程度です。50件ほどの予約であれば2~3人です。

話しを戻しますが、今回の来院人数の理由は

・告知枚数を59500枚にした。
・市場調査を世帯状況や実際の現地調査も先生自身でも行なってくれた
・告知チラシの内容を先生と共にかなり作りこんだ

というシンプルな内容になります。
ただの開業の告知ではなく、配布方法のことも考え、配布時期なども綿密に計画した結果であったと思います。

大人の矯正相談も多かった

今回あらためて勉強になったのは、大人の矯正相談が多かったことです。
告知チラシには「おとなの矯正」というコンテンツを入れたことが結果に大きく反映されたと思います。

歯科の内覧会はホワイトニングや客寄せイベントのような≪ 客を釣り上げる ≫ような内容では真の患者を獲得は出来ません。歯科医療はサービス業ではありません。
お祭りイベントで楽しさを売るようなイベントで患者はつながらないのです。もちろん、小児の獲得の上ではそのような内容も喜ばれるかもしれませんが、楽しんでいても実際お母さんやご家族の方は心の中で「そこまでして患者がほしいのかな?この歯医者さん」と思われてしまいます。

地域の方が求めているのは「信頼に値する歯科医院」かどうかなのです。
結果として今回の内覧会は、相談と説明に重点を置き、ほとんど外での呼び込みはしませんでした。路上で興味本位の人を招き入れるということは今回の矯正歯科治療という内覧会にはそぐわなかったからです。もちろん、これだけのしっかりと興味ある方が来院されたから「する必要がなかった」ということもあります。

すべての新規開業や既存歯科医院の集患・キッズクラブ創設なども可能になった

今回の矯正歯科さんの内覧会で当社は1つの成長を遂げたと自負しております。
新規開業ではない移転開業はとても難しいと思っていましたが結果として成功に終わりました。
これは新規開業だけではなく、既に診療を何年もされている歯科医院さんへの集患・増患のノウハウが出来たことを意味します。

以前から、ホームページのお付き合いのある歯科医院さまの定期的な増患対策のノウハウも含め、当社は内覧会および増患対策のアルファージールとして、さらに活動していきたいと考えます。

歯科内覧会のご相談はお気軽にお電話ください
© 歯科内覧会 アルファージール
Top