歯科 内覧会・歯医者の開業 内覧会は歯科衛生士50名在籍のアルファージールで! 80万円パックが好評です。

医療広告ガイドラインで注意すべきところ

2018年6月1日に医療広告ガイドラインが変更されました。

大きな点はホームページが広告物として扱われるようになったことです。
ただ、それらを読む上でさらに注意すべき点があります。

厚生労働省のサイトがPDFで掲載している医療広告ガイドラインには、
・別紙

・別添
があることです。

医療広告ガイドライン修正内容(厚生労働省サイトよりPDF)

ほとんど内容は同じですが、「別紙」のほうが細かいです。

例えば始めの方で気づくところですが、

第1 広告規制の趣旨のところで、別紙には

(ⅰ) 比較優良広告
(ⅱ) 誇大広告
(ⅲ) 公序良俗に反する内容の広告
(ⅳ) 患者その他の者の主観又は伝聞に基づく、治療等の内容又は効果に関する体験談の広告
(ⅴ) 治療等の内容又は効果について、患者等を誤認させるおそれがある治療等の前又は後の写真等の広告

とあるのですが、別添には、

(ⅰ) 比較広告
(ⅱ) 誇大広告
(ⅲ)広告を行う者が客観的事実であることを証明できない内容の広告
(ⅳ)公序良俗に反する内容の広告

までです。

別紙40ページ、別添46ページとなかなかの読み応えのある内容ですがしっかりとこれらを読み比べていかなければならないですね。

ちなみに、おおまかにざっくり内容を挙げると、

①雑誌や新聞に掲載されました!はNG

②ブログもSNSも医療広告ガイドラインの対象となる

③専門外来やインプラントセンターなどの表記もNG

④診療科目とメニューのごっちゃ表記はNG。審美歯科など。

⑤ビフォーアフターの写真は条件付でOKになった

⑥略歴や専門医の表記は厚生労働省が認める学会の場合
※でも「厚生労働省認可」みたいな表記はNG

上記の医療広告ガイドライン修正内容のPDFで35ページ目からは特に注意すべき点が多く書かれているので、必ず読むことをお勧めします。

です。まだまだありますが、
続きはまた書きます。

 

歯科内覧会・開業 アルファージール
歯科内覧会のご相談はお気軽にお電話ください

© 歯科内覧会 アルファージール

Top