歯科 内覧会・歯医者の開業 内覧会は歯科衛生士50名在籍のアルファージールで! 80万円パックが好評です。

経営力のある分院長をどう育てるか?

多くの歯科医院経営者の皆さんとお会いしていると、ほとんどの悩みは共通しているといえます。
ですが、どんなにセミナーを受けても受けさせても「経営者」としての分院長が自分の思ったように育たない。そんな言葉をよく耳にします。
もちろん私も経営者として自社の人材育成には常に悩み、一歩前進、一歩後退の毎日ですが何よりも重要なのは「経営者」とは医師として勤務する一社員としての位置づけと、バランス的な考え方の整理から始まると思います。

歯科医師は普通の会社役員から観るとすでにブラック

私は歯科医院経営者の方とお話しをする時に、まずはどの方にも一般の中小企業の社長に比べ、どれほど大変なお仕事をされているのかをご説明しています。
タイトルをそのまま受け止めてしまうと、なんだか悪口のように読めてしまいますが、歯科医院経営者の職務とは他の経営社業と違い貼るかに仕事量が多いのです。それはまず、

1.医師としての業務
2.経営者としての業務、責務
3.指導者としての業務、責務
4.パフォーマー(患者さまへの)としての業務、責務

の、4つの業務・責務を全うしなくてはなりません。普通の会社からすればもの凄い重労働です。
さらに言えば、これらを企業勤務などの育成や就業環境の揃った会社で働いている訳では無いので、私からすれば経営の苦悩が他業種の経営者よりはるかに大きいものだと想像するのです。

会社経営から自分の存在を外すと部下は育つ

おそらく多くの歯科医院経営者の皆様は、指導力や技術力を部下に伝えることで双方のメリットでつながっていることが多いと思います。
「この先生に着いていこう、そして学ばせて頂こう」
これが勤務される歯科医師の方の最もおおきな理由ではないでしょうか?

ただ、ある一定の成長率からなかなか思った以上に伸び悩む部下がいます。
分院長に任命してから、もしくはそれを意識し始めてからです。これは実際に多くの経営者の方からお話しされることです。

しかしながら、「指導者としての業務」がその歯科医院経営者にしっかりと出来ていても、「経営者としての業務、責務」の内容と混合しては部下は育ちません。
経営者になるには「経営者としての考え」を植えつけなくては自立的には育ちません。
経営者は1度なってしまうと、おいそれ他人から学ばせていただくことはなかなか出来ませんし、自分だけの闘いになります。
ですがそれを分院長に同じスペックを求めるというのも、本来正しいとは思いません。分院長はあくまで役職であり、会社で言うところの経営責任者(役員)ではないのですから、そこは区別して育成しないと本人もどこを目指せばいいのか分からなくなってしまいます。

その為には、会社理念が重要になります。
理念とは、その法人格が揺ぎ無い基本的な考え方です。これは、もし1つの案件で判断を迷ったときの指針になります。
例えば、「ホスピタリティに溢れる患者目線の治療や接遇をする歯科医院」という理念であれば、治療や説明そして様々な姿勢で考えることを余儀なくされたときの「経営者のひとことを仰がなくて良い判断基準」になります。

続いてビジョンです。ビジョンは経営者が思い描く理想の歯科医院の在り方です。
これは皆で抱える歯科医院の成功のイメージと言っても良いでしょう。いわゆる着地点です。
私たちはどこに向かって走っていくのか?これが明確であればあるほど、理念はさらに生きてきますし従業員の働く満足度や自由成長にもつながります。
経営者がすべて育成するのではなく、育成できる仕組みを作ること、そしてその仕組みを経営者の個人的な場面場面での判断基準の裁量にはせず、会社組織として定着させることが育成への近道です。

さらにビジョンの次には経営戦略です。おおよそ、経営戦略は経営戦術と考えられがちですが全く違います。
ここから計画やPDCAサイクルにつながり、古典的ではありますが王道である医院経営の最適化につながると私は考えております。

続きはまた。

歯科内覧会・開業 アルファージール
歯科内覧会のご相談はお気軽にお電話ください

© 歯科内覧会 アルファージール

Top